FC2ブログ

My Life 

酵母パンとまいにちの記録


4月 「卯月」
卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を略したもの、
十二支の4番目が卯だというものなど幾つかの説があるそうです。

4月5日「清明(せいめい)」
陰暦3月の節で、陽暦の4月4日か5日。
「万物ここに至りて皆潔斎にして清明なり」関東から 西の地方では桜が見ごろで、
南の国からは、そろそろツバメの渡りの便りも届く頃。 

4月に入り新しいスタートが始まりました。
仕事に関しては年々この新しいスタートに
ついて行く事、慣れて行く事に
しんどくもあり、時間もかかる傾向です。
新しく仕事に就いた人も、
今までと同じ職場の人も、 同じ
4月は緊張の月です。

4月のイメージは、やっぱり桜。
今年は蕾も気づかないうちに満開となっていました。
私の住んでいる所は今が満開、
この雨でそろそろ散ってしまいそうです。
桜、この花は人の心を癒してくれます。



あるひのおやつ。
ほっこりです。



ソウル旅行の続き、お土産編。
最近はお土産売り場で買うより
ソウルでの人気商品がわかるので
コンビニで買う事が多いです。

このマーケットOのお菓子もコンビニ買い。
ただビッグサイズはコンビニにはないので
ビッグサイズは免税店や空港買いしています。




ネットで美味しいとあったお菓子をコンビニで見つけて即買い。
イメージキャラクターは、バリの恋人で主演したチョ・インソン。
噂通り美味しかったお菓子でした。
他にコーン茶これもコンビニ買い。



今回の旅行で一番お金と時間を使った品々。
ホテル出発1時間しかないのに最後の最後まで免税店走り。
まぁこれでどれだけべっぴんさんに変身するのか
拝見したいものです。


あかすりとお粥と少しの観光に癒された旅でした。



ソウル旅行①から間があいてしまいました。
そして3月も今日で終わり。
あの旅行が遠い日に感じてしまう。
短くも長くも感じた3月だったように思う。

記憶が薄れないうちに旅行記をと思ったけれど
もうすでにすっかり薄れている部分多し。




今回観光したひとつ 世界遺産 「南漢山城(ナムハンサンソン)」 行宮
行宮とは王様が旅先や政変などで一時的に利用された宮殿です。

この綺麗な原色の色。
ガイドさんのお話によるとこの色は体の臓器を元気にする色だそうです。
臓器ごとに色を言われましたが
すっかり忘れています。


南漢山城 行宮
漢南楼

17世紀に当時の朝鮮王仁祖という王様が、清国からの侵略を受けた際に
築城され、籠城していたところです。
海抜500メートル以上、山城全体の長さは12.3kmで、水が豊富であるので、
長期戦になっても十分に戦える場所でありましたが、
食料不足のために城を開放せざるを得なかったといういきさつがあります。


行く前にもっと調べておけばよかったと反省。




韓国ドラマの時代劇を見たことがある人なら
こんな風景見たことあるかと思います。
他に行ったところが「龍仁(ヨンイン)MBCドラミア」

屋外ドラマのセットです。


上の写真の色と比べると
セットの塗りはこんなに薄い色で塗られています。
それでも作りはそれらしく作られています。

右の写真は「太陽を抱く月」では王女教育をしていた所。

今撮っているドラマでも使用中だそう。
そして丁度違う場所では、
若いエキストラさんたちがたくさんいました。




『Dr.JIN』 のジェジュンと一緒に(失礼しました)
そのジェジュン、今日3月31日入隊しました、涙。
韓国男性には避けられない義務。

スヒョンくんとも一緒に撮りました、(笑)


この日は相当歩きました。
そして夜は娘と汗蒸幕(ハンジュンマク)、俗に言うあかすりに行き、
疲れをどっぷり落としました。







春が一度にやって来た!
今日はそんな日でした。

春ウララと同時に庭の花たちも目覚めた感じです。
寒い冬の時はじっとこらえていた感じだったビオラも、
こんなに元気に咲いています。


ずっと土の中で冬眠していた水仙。
丈が短い水仙ですがお気に入りな水仙です。
肥料もあげていないのに毎年律儀に咲いてくれます。


うちの庭も春ウララと共に
ぼちぼち花が咲き始めています。




今年度はよく仕事頑張ったなぁ。
(勿論私だけでなくスタッフ全員ですが。)
そんな一年頑張った自分へのご褒美に、
「何も買いません、
韓国へ足跡つけたらいいだけ。」
と言う下の娘とソウルへ小旅行をしてきました。
その言葉が間違いの始まりでもありました。



今回は食事がほとんどついていなかったので、
食べたい食事ができました。
焼き肉も食べました。
お肉以外、お肉のまわりの小皿の食べ物は、
何回おかわりしても無料。
前に東方神起(JYJ)のジェジュンが、
日本に来ておかわりが無料でないのに驚いた
と言っていましたが、
おかわりが無料で私は驚きました。

写真の水キムチが以外と美味しかったです。
お肉を巻くサンチュも何度おかわりしても無料。
お野菜がふんだんに食べれるから
韓国の人はあまり太っている人見かけないのかしら。



ケチッてコンビニでキンパで済ませた食事。
2000W(今のレートで226円くらい)のキンパを買ったら
ジュース1本が付いてくるキャンペーン中で
ジュースおまけに頂きました。

他にコンビニでマーケットブラウンのチョコを2個かったら
1個おまけのキャンペーン中。
韓国は免税店でもそうですが
何個買ったらおまけ付きと言う商法が結構多いです。






韓国の一般的な家庭料理の朝食、
そんな朝食をレストランで頂きました。
勿論おかずのおかわりは無料。
朝からしっかり食べる事ができました。
写真はありませんが、
あわびのお粥の朝食も食べました。

旅行中の方がしっかり食事ができていたように
思えます。

今回は写真もiPhoneで少し撮ったくらいなので
旅ブログが書けるかな。


目指すは、金海(キムヘ)国際空港。
韓国語の発音:キメクッチェゴンハン。


広安大橋(クァンアンテギョ)。
市内と海雲台(ヘウンデン)を結ぶ2階建て大橋。
行きと帰りで上下走るのです。
夜はライトアップされ美しい橋になります。
確かライトの色も変わったはず。
記憶が鮮明のうちに記録しておかないと曖昧な記憶となりつつあります(-_-;)




この唐辛子の山盛り。この山盛りがいくつも続き売られています。
その奥にはビニールに入った粉になった唐辛子が平積みにして売られています。
それだけ唐辛子の消費が多いんだ。
同じようなお店が何件もまた続き、市場全体が赤のイメージ。
韓国のカラーが赤なのが納得できます。




今回の旅のメインでもある列車に乗る。
釜田(プジェン)から機張(キジャン)まで約1時間のローカル電車の旅。
この運賃2600ウォン、日本円で約215円!しかも指定席!
そして改札口がないので切符を買ったらそれで終わり。
車内での検札もなく間違いなくタダ乗りができる。
ガイドさんは韓国人にはそんな人いませんと言うが。

韓国の電車は中に階段があり日本と少し違います。
ソウルの地下鉄は日本と同じで車内に階段はなかったし改札口もありました。




目的地の機張(キジャン)はカニが有名。
昼食はこの旅で一番高かったと思うカニ料理。
カニは嫌いではないのですが、食べるのが面倒であまり食べたいと思わないのですが、
ここのカニは本当に食べやすくナイフが入れてありました。

アジュマ(おばさん)が持っているカニを食べました。
このアジュマ写真慣れしていてポーズやカメラ目線うまい。
そしてこのアジュマのお店日本の番組でも紹介されたお店で
結構よいお店だったみたいです。
確かに美味しくお腹いっぱいになりました。



お腹いっぱいになった後はたくさん歩く龍宮寺(ヨングンサ)
お寺と言えば山にあるイメージがありますが、このお寺は海の岩場にあり
珍しい海のお寺として韓国でも知られているようです。

黄金の門をくぐると108段の階段をひたすら下っていきます。
山にあるお寺ならひたすら上っていくと言う表現ですが、
海にあるお寺のため下っていくのです。
おり下ると龍宮寺が現れます。


このお寺は「一つの願いを叶えてくれる」と言う言い伝えがあり
平日にも関わらずたくさんの人がお参りに来ていました。



龍宮寺を代表するのが写真の観音様。
高さ10メートルのこの仏像はひとつの石でつくられたとか。
ここでお願いをするわけなのですが、
韓国ドラマでよく出てくるひざまづいて手をあげて
そうそれをやるわけなのですが、
お願いどころか人がやっているのをマネするのが精一杯、笑。
日本でやる両手合わせてお願いする事がどれだけ簡単か。
こんな不謹慎な思いでは修行足りませんな。



一気に簡単にbusanの旅を走りました。
あと食事と買い物記録が残せたらと思うけれど、
あまり写真がなく記録できるかな。





あまり知られていない明菜ちゃんの「ドラマチックエアポート」
「北ウイング」は恋人が去っていき
ドラマ・・・は恋人が帰ってくる。
旅、飛行機と無理やり関連づけ









P1010963_convert_20121118220857.jpg  P1010961_convert_20121118220706.jpg

さて今日でB級グルメのソウル旅記録も最終回。
今私の住んでいる所は紅葉がピーク、街は綺麗に色づいています。

上の写真は11月7日のソウルの街、すっかり街は色づいていました。
今年は2度も紅葉を見た事になります。


P1010922_convert_20121118214832.jpg  P1010929_convert_20121115203602_20121118222429.jpg

3日目の朝食は、『プゴック』(干しダラのスープ)
店の名前は、武橋洞(プゴグッチ)。

ブゴグッという干しスケトウダラを使ったスープだけを出す専門店。
二日酔いに効くというあっさり味のスープは栄養価も高いそうです。
ガイドさんが何度も二日酔いに効くスープと言ってました。


壁に掛かっているメニューは、干し鱈のスープのみ。
スープの具はタラの切り身、ふわふわ玉子、豆腐、ネギ。

テーブルには、エビの塩辛、白菜キムチ、甘辛く味付けされたニラ、
キュウリの和え物がありました。
薄味のスープにエビの塩辛を入れて食べるとこれまた絶品!
このエビの塩辛おいしかった~


9時を回った遅めの朝食にもかかわらず、お店にはたくさんのお客さん、
ひとつしかないメーニューでこうしてお客さんが絶えないのは、
やはりおいしいからなんでしょう。


__ 2 (4)

朝食の後は仁寺洞で伝統茶を飲みました。
いつもはオミジャチャ(五味子茶)を飲むのですが、たまには変えまして
センバンチャ(生姜茶)にしました。
横についている伝統菓子も美味しゅうございました。

その後、寒かったのですが清渓川(チョンゲチョン)を散策、
光化門広場(クァンファムンクァンジャン)、ハングルを創製した朝鮮王朝第4代王、
世宗(セジョン)大王の銅像見学。

教保文庫(キョボムンゴ)、日本で言えば紀伊国屋かな。
ここで こんなハンコを買いました、笑。
___20121118230647.jpg



__ 3 __+4_convert_20121118221637.jpg

そしてこれで本当にソウル最後の食事、
大統領御用達!のお店韓国豆腐韓定食の『イェンナルミンソクチプ』。
ガイドさん曰くこのツワーで一番高い食事と。
きっとおいしいはずなんだろけど、お腹がいっぱいだったため
あまり覚えていません。

どこまで貧乏性なのか、一番高い食事が食べられないとは。


 __ 4 (2)
ガイドさんに今回食べた食事で何が一番美味しかった?と聞かれ
娘とツワーで一緒だった愛さん親子(こちらも親子でした)は、キムチチム。
私はドラム缶焼き肉と言いたいけれど、
干しダラのスープ、そして意外やキムチマリパプ(水キムチごはん)。

韓国の庶民が食べる食事が経験できた旅でした。


そうして、あっというまの3日間のソウル旅行が終わり、
7日夕方空の上からみたソウル。
ソウル中央部を流れる川、漢江(ハンガン)がくっきり。
さよならソウル、またいつか。


オマケ
関空出国時、K-POPの5人アイドルグルームと遭遇。
私のすぐ横にイケメンがいるのよ。
でも悲しいかな顔をしっかり知っているのは、5人の東方神起とCNBLUE。
ファンの子達よ、うちわにハングルなんかでかかないで日本語で書いてよ!








ここからはスルーしてください。
ひとりワールドです。