FC2ブログ

My Life 

酵母パンとまいにちの記録



寒いです。
日曜日はカイロを貼って過ごしていました。
靴下は3枚履き、
ヒートテックレギンス、
足首ウォーマー、
あったかズボン、
下半身はきまくってます。

この先まだレッグウォーマーも加わり、
短いレギンスも加わります。

先日ひと足早いクリスマスプレゼントを
頂きました。
たま木亭のstollen。
思いもよらないサプライズプレゼント
に感激です。

食べるのが勿体なくって
頂いてもうすぐ一週間なのに
まだ写真の状態のまま。
いつ食べようか。


米麹


大豆と麹を混ぜたもの


ミキサー中


容器に詰め込み


今年で2回目の味噌仕込。
去年の味噌を今食べていますが
自家製の味噌は美味しいです。
今年は米麹六升、大豆三升の
倍麹で仕込ました。

パン用の酵母菌、ぬか床の菌、
梅干しの菌、味噌の菌、ヨーグルトの菌、
とうちは菌だらけです。


この休みは毎年恒例の
クリスマスパンを焼きまくりました。
1日目はstollenのみ。
試作後配合も入れる材料も工程も変えたため1日12本焼くのが精一杯。
そんな訳でどんな風な味に仕上がっているのか
私もわからず不安もあります。

2日目はパン6種類。
全部配合が違うため、
頭がメチャクチャになってしまいそう。
もしかしたらどこかで何かを
入れ忘れたり入れ過ぎたりしていないか心配。

パン屋さんて大変だなぁとつくづく思い知らされる日でもあります。




ここからはひとりワールド
 

今日のソラ、
もうすっかり秋ソラ。
もこもこといくつも小さい雲がたくさん、
ひつじ雲。

朝晩寒いと感じる日もあり
あの暑かった夏は過ぎ去っていったんだ。





7月に作ったルバームジャム。
酸味があって大人のジャムと勝手に思っている。
このジャムを食べたワンデイー仲間であり先生でもある
霜さんが絶賛(オーバー、笑)し
作りたいとの事で再び
サンルート・コマツファームさんから
お取り寄せしました。

ルバーム初夏限定ばかりと思っていたら
初秋まで収穫できるそうです。

綺麗な真っ赤なルバーム。
オーナーのコマツさんは、
この綺麗な赤は、昼と夜の温度差がポイント
と言っておられます。
本当に綺麗な赤です!


  

洗って1センチくらいにカットします。
スジがあるのですが、蕗のようにスジ取りも必要ありません。

これに砂糖を加えて形がなくなるまでグツグツ煮て出lきあがり。



熱々ジャムを熱々リターン瓶に詰め
逆さにしてさまして出来上がり。


大人のジャム、是非作ってみてください!
ルバームは、サンルート・コマツファームさんがオススメです。

サンルート・コマツファームさんのHPは、こちらから ➡  





ここからはひとりワールド









梅雨が明けたのかしらと錯覚してしまいそうな夏ソラの今日。
今日は暑かった~。
明日になれば「梅雨が明けました。」とテレビから流れるかもしれない
今日はそんな天気。

ここ数年ずっと
梅雨が明けるか明けないか、
ブルーベリージャムを作る、
そんな時期になると気になる物
ルバーブ。

そのルバーブでジャムが作ってみたい、
食べたことも実物を見たこともない
ルバーブが気になって気になって仕方なかった。


そして先日とうとうネットで注文。
検索でいくつもの生者の中から
・無農薬、無化学肥料
・ルバーブへの思いが感じ
・お値段が良心的
から
私が選んだのが
サンルート・コマツファームさん。
(下のところからとんでくださいね)
そして2500円以上の購入は送料500円引きのサービス特典つき。

注文したのは
・フレッシュバーブ(カットタイプ300g)×5
・赤と緑のペアーバーブジャム
このフレッシュバーム、収穫された翌日うちにやってきました!



わざわざ新鮮なバーブを送って頂いたので
鮮度が落ちないうちにすぐジャムしごとを始めました。
なんせ食べたことも見たこともないジャム作りが始まりました。

写真右はコマツファームさんのジャム
写真左は私が作ったジャム





ショートルバーブを洗って、1~2センチにカット。
この赤色がなんとも言えない。
後は普通のジャム作りと同様にやりました。
ルバーブ
りんごに似たような酸味とアンズのような香り

大人のジャムが仕上がりました。







このお店も前からずっと気になっていたお店、
「madocafe」さんへやっと行く事ができました。
地元でとれる新鮮な野菜や卵を食材にした
体にやさしくおいしいお料理をカフェスタイルで
頂けます。

そしてマイ箸持参するとドリンクサービスの特典があります。





びわこに面した大きな窓に向かって頂きます。


コマツファームさんもmadocafeさんも
ただ物を売るだけの商売でなく
社会やお客に対しての思いやりがあるのが伝わってきます。
そんなお店は本当に頑張って欲しいです。


サンルート・コマツさんHP
http://www.lcv.ne.jp/~runach01/
コピーして飛んでください。


ここからはひとりワールド



大型台風8号が日本列島で暴れています。
どうか被害がでませんように、
最小限でありますように。

今年もやってきたブルベリーの季節。
昨年はうちでも1キロの収穫があり
実家は3キロくらいの収穫でした。
しかし今年は去年の出来すぎの見返りかのように
実家も少ない収穫だったよう。

その少ない収穫のうち600gをもらって帰り
出来上がったジャム。
最後に国産レモン汁をたっぷり入れるのが私流。


出来上がりも少ないジャム
詰め込んだ瓶も小さめ。
去年は配りまくったジャム、
今年はごめんなさい、実家にあげておしまい。



今週は久しぶりのマイパンを堪能しています!
前回はパン姿の写真だったので
今日はカット面の写真。
このパンと野菜サラダが私のお弁当。
でも今日は隣の席のスタッフのお弁当
ごはんの上に乗っかっていたゆかりのにおいに
そそられごはんが恋しくなりました、笑。

まだ冷凍庫にストックパンがあり
明日は、黒糖パンにしようか
それとも胡桃とぶどうのパン
それともやっぱりお豆のマフィンにしようか。
こうして悩めるなんてうれし!





rinさんから頂いた「らっきょう2014」。
このらっきょうが本当に美味しい!
レシピはワンデー仲間、チエちゃん先生から伝授。
チエちゃん先生にどこで仕入れたレシピと尋ねたら
らっきょう屋さんのおばあちゃんに
あまりにも美味しいらっきょうだったので作り方を聞いたと言う。
聞いたチエちゃん先生も
伝授してくれたらっきょう屋のおばあちゃんも
凄い!

らっきょう1日4粒食べたら血液サラサラになると言う。
今からでも漬けてみようか?
でももうらっきょうが売っていないのよ。
本当にこのらっきょう美味しい。




今年始めたぬか漬け、その後。
水を混ぜたらよいだけのぬか床は
だいたい数日漬けたら水っぽくなり嫌気がしてきた。
しかしこのぬか床は凄い!
ナスまでも美味しく漬かり
私を飽きさせない。

図書館で借りた本は期限のため返却。
本気で購入を考えてポチッとなりそう。



ここからはひとりワールド


梅雨真っただ中と言うのに
湿気もなく晴天過ごしやすい日でした。

今年もまた梅しごと、梅干しつくりが始まりました。
私の人生に梅干しを漬ける事、あるとは思ってもいませんでした。
偶然にも二人の師匠に出会い梅干しを漬ける事になりました。
師匠の一人、利用者の久仁香ばあさん。
90歳を前にして便箋5枚にぎっしり書かれたレシピ。
見えにくい目で私のために一生懸命に書いて下さり
その思いにこたえなければと思いながらも
初めて漬けたのが、2009年。
レシピをもらってから5~6年が過ぎていました。




2015の梅干しつくりは今日から。
日曜日に買ってきた梅も程よく黄色くなり
今朝梅を洗い半日アクだしに水につけていました。

ひとつひとつ丁寧に水気を拭き取り塩をまぶして
梅の重さの2倍の重石をして水があがってくるのを待ちます。
その時去年の白梅酢を少し入れると水が早くあがり
カビの発生が予防できます。
これこそ久仁科香ばあさんからの伝授です。
必ず毎年、「忘れんと今年の梅酢を来年用に残しておかなあかん。」
と言ってくれます。
またこの梅酢は咳にもよく効くと教えてもらいました。
実際下の子が試したら本当に効きました。

梅干しの漬け方は↓の梅干しの漬け方をクリックして飛んでください。
飛べなかったら私のパソコンの技術不足です、
スミマセン。




梅干しと勢いで梅シロップも漬けました。
梅サワーと迷っていましたが、結局シロップ。
しかし迷いもあったのでリンゴ酢も適当にいれました。
久仁香ばあさんが氷砂糖はクリスタル(90歳越えてクリスタルなんて言葉を知っている!)
のはあかん、ブロックの氷砂糖でと言うので
ブロックの氷砂糖を使用。

リンゴ酢を入れたためか氷が早くもとけだしてきました。
出来上がりが楽しみ!
早く飲みたい!





すみませ~ん、
驚くような写真で。
逃げないで~。

去年の12月に漬けた味噌。
梅を置くため床下収納庫を開けた時、
ついでに味噌のふたもあけてみました。

想像はしていたもののカビさんが住んでおられました。
しかし家庭で作る味噌にカビはつきもの。
人生初の味噌つくりにしてはまだ少ない方かもしれません。
今年は梅味噌にも初めてトライの予定。
梅味噌×味噌
初物同志ののコラボです。


梅干しの漬け方の記録




ここからはひとりワールド